雑誌掲載
ランニングマガジンクリール2015年10月号・ランニングスタイル2015年11月号のインフォメーションページに掲載されました!



プレスリリース 2015/08/07
----------------------------------------------------------------------
ランナーを応援!都内ランニングシャワー施設でアイシング用品を試そう
----------------------------------------------------------------------

アメリカのヘルスケアブランド
CALDERA(カルデラ)
のアイシング用ジェルパックとサポーターのサンプリングを下記の期間実施しています。

皇居ランニングに便利なランナー向けシャワー施設、Run Pit(主催:KDDI株式会社・毎日新聞社)に1年間サンプルを設置し、
日本で2014年に発売されたCALDERA(カルデラ)のアイシング用品を、ランナーの皆様に無料でお試しいただきます。

■期間■ 平成27年9月1日〜平成28年8月31日(1年間)
■場所■ Run Pit (ランピット)
 東京都千代田区一ツ橋 1-1-1 パレスサイドビル1F (ビル東側、「平川門」交差点側)
■時間■ 7:00 〜 22:00 (土日祝8:00 〜 18:00)
 定休日なし(年末年始除く)
■内容■ ランニング後のクールダウン・疲労対策に
●Run Pit内に冷凍庫を設置。ランニング後のアイシングに、
 凍らせたCALDERAホット&コールドジェルパックと、体に固定できるCALDERAコンフォートラップを使うことができます。
●サンプリングと同時に販売も行いますので、その場で 購入することができます。
●繰り返し使えて、体にフィットするスタイリッシュなCALDERAのアイシング用品をお試しいただけます。
●Run Pit利用者様に、ランニング後のクールダウンと疲労対策、ケガをした場合の手当てなどにご使用いただきます。



「ホット&コールド ユニバーサルコンフォートラップ Mサイズ」
一つで肩・肘・膝・すね・足首などに使えます。
腰や膝などの慢性痛をお持ちの方や、スポーツを頑張るお子様へのギフトにも。




CALDERA(カルデラ)は、1999年にアメリカ オレゴン州の美しい都市ポートランドで生まれた、
スポーティでスタイリッシュなヘルスケアブランドです。

スポーツ関連障害による筋肉や関節の痛み、トレーニング後の疲労、炎症、手術による痛みのような
様々な体の疾患へ対応する、イノベーティブで快適な製品を製造しています。


あなたは、体に痛みやコリがある時、どんなケアをしていますか?

アメリカでは、患部を深部まで温めたり冷やしたりできるホット&コールドジェルパックが、
炎症やスポーツ後のアイシング、肩こり・腰痛・膝痛の温め、痛みのケアなどに日常的に使われています。


CALDERAホット&コールドジェルパックと、体に固定するためのコンフォートラップは、
スポーツケア先進国・アメリカのスポーツトレーナーや、世界的アスリートにも使われている、高品質で効果的な製品です。

コンフォートラップには、肌触りと通気性の良い、抗菌効果のある布地を使用しています。
コンフォートラップは洗濯機で洗えるので、清潔にお使いいただけます。

ジェルパックは、体と環境に安全な素材のみにこだわり、アメリカの自社工場で毎日一つ一つ手作業で製造していますので、
安心してお使いいただけます。



アメリカ ワシントン州 シアトルのドラッグストアで販売されている、ホット&コールドジェルパック製品




ねんざ・打撲・肉離れなどのスポーツなどによるケガをした時に、
そのままにしていませんか?

ケガをしたらなるべく早く、冷やしたジェルパックで患部のアイシングを行うことにより、
効果的な応急手当ができます。

ケガをした直後(受傷後72時間まで)の冷却療法(アイシング)は、
過剰な腫れや出血によるケガの症状の悪化を防ぎ、より早い回復が期待できます。

その後、ケガの初期の腫れがひいた時に温熱療法(温め)を行うと、患部への血行を刺激して血流が増加します。
筋肉をリラックスさせる効果もあります。
ダメージを受けた組織を癒し、素早く回復させることが期待できます。

冷却療法(アイシング)温熱療法(温め)のどちらも、1回あたり20分程度行います。

まずは、ねんざなどのケガをしていない時に、
運動後のクールダウンのアイシング、運動前や休憩時の筋肉の温めを20分程度行って試してみましょう。

運動後のアイシングは血流を刺激するので、疲労回復にも効果的です。



ねんざ・打撲・肉離れなどのケガをした時に、素早いアイシングで応急手当を行うと、
血流を制限し、腫れや出血を遅らせることができます。

一方、応急手当を行わないと、患部が腫れ上がってしまいます。

アイシングは、ケガの初期(ケガをしてから72時間までの急性期)の過剰な腫れや痛みを軽減させ、
患部の細胞の損傷を最小限に抑えます。


そして、ケガの症状が長引くことを抑えてより早い回復に向かうことが期待できます。

ただし、アイシングをして、ケガをしてから48時間経っても腫れや痛みが減らない場合は、医師の診断を受けてください。



筋肉には、冷やすと固くなり、温めると柔らかくなるという性質があります。

コリや慢性痛は、気持ち良く感じる温度で温めて筋肉の緊張をリラックスさせると、ラクになることがあります。

筋肉がリラックスすると、血流が増加し自然治癒力が引き出されることが期待できます。

腹痛・生理痛にも温めは効果的です。

ただし、ねんざなどのケガや、ぎっくり腰(急性腰痛症)の直後(受傷後およそ72時間まで)は、
患部が炎症を起こしているので冷やします。
温める場合は、炎症がおさまってからにしましょう。

また、スポーツの直後はアイシングでクールダウンするのみにし、
慢性痛や筋肉の温めは運動前・またはリラックスタイムに行ってください。



CALDERAホットコールドジェルパックの使用方法は簡単です。

冷凍庫で1時間以上冷やしたジェルパック、または電子レンジや湯せんで1~2分間温めたジェルパックを、
1回あたり20分間患部に当てるだけです。


基本的に、腫れや痛みを伴う炎症、頭痛・発熱、歯の痛み、虫刺されのかゆみ、
運動をした後のクールダウン・疲労対策にはアイシング

腰や膝などの慢性痛、首や肩のコリ、腹痛・生理痛、運動前に筋肉の柔軟性を高めるためには温めます。

CALDERAのジェルパックは、-15℃まで凍らせても固くならないので、患部にフィットします。
顔・膝・足首のような凹凸がある部位も、効果的に冷やすことができます。
ジェルパックが冷たすぎると感じる時は、冷凍庫ではなく冷蔵庫で冷やしてご使用ください。

冷却療法(アイシング)温熱療法(温め)のどちらも、1回あたり20分程度行います。
この時、ジェルパックは必ずCALDERAコンフォートラップやタオルなどに包み、直接体に当てないようにしてください。



ご家庭でも安全にご使用いただけます。
ジェルパックに記載されている使用方法と使用時間を守ってご使用ください。

CALDERAホットコールドジェルパックは、人体・環境に影響のない、食品相当の安全な素材のみを使用して作られています。
食べられませんが、例え飲み込んだとしても無害です。
アメリカ食品医薬品局(FDA)で認められている安全な製品です。

ただし、循環器系の持病のある方は、必ずご使用前に医師にご相談ください。
また、個人の体質などによりアイシングや温めの効果は異なることがあります。
体に異変を感じた場合は、なるべく早く医師の診察を受けてください。



CALDERAホットコールドジェルパックは、温める冷やす どちらにも繰り返しお使いいただけます。
湿布と比べると、患部を深部まで温めたり冷やしたりすることができ、繰り返し使えるので経済的です。

ジェルパックは、適切に使用することで、体の痛みや不調を手当することができます。
CALDERAコンフォートラップと組み合わせて使用すると、患部に固定できるので効果的です。
ぜひ、お試しください。

マラソン・テニス・野球・サッカー・ゴルフなど、スポーツ前やスポーツ後のケアに使用する場合は、
パンフレットをお読みいただくと、安全で効果的です。



ブログはこちら

【患部のアイシング(冷却)・温めの両方に使える】Caldera(カルデラ)日本輸入販売元 株式会社マックスインポート

Promote Your Page Too





オススメ商品

もっと見る